結婚式プロフィールムービー、おすすめメッセージとマナー

Pocket
LINEで送る

最近では自作する人も多くなってきた結婚式のプロフィールムービー。これからムービーづくりに挑戦するよという方も多いのではないでしょうか?そこで悩むのが、プロフィールムービーの中に入れるメッセージですよね!ムービーの中に入れる写真や動画は決まってきても、どんな言葉を入れればいいのかなかなか思い浮かばない!なんて悩んでしまいますよね。

そこで今回は結婚式のプロフィールムービーにはどのようなメッセージを入れたらいいのか、そのルールやおすすめコメント集もご紹介していきます!

1.プロフィールムービーにのせるメッセージにはマナーがある!しっかり押さえてスマートに決めよう!

結婚式には様々なマナーがあり、それはプロフィールムービーのメッセージでも同じです。特に昔から結婚式で使用すると縁起が悪いといわれている「忌み言葉」は注意が必要です。

【避けたい忌み言葉1】別れを連想させる言葉
失う、去る、捨てる、ほどける、切る、終わる、話す、戻る、離婚 など

【避けたい忌み言葉2】不幸を連想させる言葉
忙しい、おしまい、最後、耐える、とんでもない、涙、仏、滅びる など

別れを連想させる言葉はさすがに気を付けるとしても、「忙しい」や「涙」などは意外と使ってしまいそうですよね。特に二人のなれそめのシーンなどはどうしても、気づかずに忌み言葉を使ってしまっていることも。ぜひ気を付けてくださいね。

【避けたい忌み言葉3】重ね言葉

かえすがえす、重ね重ね、くれぐれも、しばしば、重々、たびたび、たまたま、次々、時々、日々、ますます、またまた、みるみる、わざわざ

避けたい忌み言葉の中には「重ね言葉」というものもあります。「重ね言葉」とは、同じ言葉が繰り返されるもののことで、「繰り返す」ということから「結婚を繰り返す」と、再婚を連想されてしまうので、結婚式には避けたほうがいいということです。

この重ね言葉は日常でもよく使い、普段はマイナスなイメージがないことから、どうしてもメッセージの中でも使ってしまいたくなります。「日々」や「ますます」など後ろにいい単語が続くワードは、そこまで神経質にならなくてもいいという説がありますが、プロフィールムービーでは、文字は見ているゲストの方々の印象に残ってしまうため、「繰り返しているな」と思うような文字は避けたほうが無難でしょう。

【句読点は避けよう】

また、文章の終わりを意味する「句読点」も、二人の「終わり」を連想させてしまうものとして結婚式では基本的に使用しないことがマナーになっています。「本日は私たちのためにお越しいただき、本当にありがとうございます。」という文章も、プロフィールメッセージでは「本日は私たちのためにお越しいただき 本当にありがとうございます」と句読点は使わず、スペースを空けることによって対応するようにしましょう。

【メッセージ数は10文字から20文字の間がゲストに伝わりやすい!】

また、プロフィールムービーでは、できるだけゲストの方々が読みやすいメッセージの文字数だけを入れるようにしましょう。大体、プロフィールムービーは一枚の画像が7秒から10秒で切り替わります。
その時に読みやすい文字数は10文字から20文字だといわれており、とくに1行でまとめたほうが無難です。
気持ちを込めたいがためにたくさんの文字をどうしても入れたくなってしまうのですが、また、写真にもしっかりと余白が生まれたほうが、おしゃれに見えるのです。

2.プロフィールムービー、オープニングのおすすめメッセージ集

では具体的にプロフィールムービーではどのようなメッセージを入れたらいいのでしょうか。プロフィールムービーのオープニングでは、来てくださったゲストの皆さんへの感謝の気持ち、今日結婚式を迎えることができた気持ち、そしてこれから流れるムービーの紹介をするのが主な流れです。ここでは具体的なオープニングでのおすすめメッセージをご紹介します!

「本日は大変ご多用の中 私達の結婚式披露宴にご参列いただき 誠にありがとうございます」

「本日は私達の為にお集まりいただき 本当にありがとうございます 感謝の気持ちを込めて 二人のなれそめをご紹介いたします」

「大切な皆様への感謝の気持ちをこめて・・・」

3.プロフィールムービー、締めのオススメメッセージ集

二人の紹介や、なれそめが終わったら最後はプロフィールムービーの締めになります。最後は、改めて来てくださったゲストへのお礼や二人のこれからの抱負、そしてこの後に続く披露宴の紹介をするようにしましょう。締めのおすすめメッセージはこちらです!

「本日は 二人のためにお集まりいただき本当にありがとうございます この後もぜひ楽しい時間をお過ごしください」

「未熟な二人ですが 力を合わせて笑顔の絶えない家庭を築いていきます」

「皆様のおかげで今日という一日をむかえることができました この後の時間もごゆっくりお過ごしください」

4.まとめ

一生に一度の結婚式、せっかく作るなら自分たちもゲストも笑顔になることができる映像を作りたいですよね!マナーなども考えるとどうしても悩みがちなメッセージですが、二人の気持ちがしっかりと伝わることが一番重要です。

ぜひ、ポイントはおさえながら二人らしいプロフィールムービーを作ってくださいね!