プロフィールムービーでゲストの心をつかむオープニング挨拶文は?

Pocket
LINEで送る

思い出に残る結婚式プロフィールムービーにするために、まずオープニングをビシッと決めたいですよね。これから始まるプロフィールムービーに期待を持たせ、ワクワクしてもらうために、どのような挨拶文を考えれば良いのでしょうか?

結婚式プロフィールムービーの挨拶文について、そこに含められた意味や目的、役割を説明し、挨拶文のコメント例文も紹介していきます。

1.オープニングが光る!プロフィールムービーの挨拶文

プロフィールムービーとは、結婚式の主役である新郎新婦それぞれの生い立ちから出会い、現在までを振り返る映像とBGM、それにコメントで構成されるムービーです。様々な思い出を楽しく紹介し、そして感動の涙を誘う演出も可能なプロフィールムービーは、家族やゲストに感謝の気持ちを伝えるという目的もあります。

また、披露宴では新郎新婦のお色直しの間、ゲストは手持ち無沙汰になりがちですが、そんなお色直しで中座している間も会場を盛り上げる趣向として、プロフィールムービーが利用されることが多くなってきています。

そんな結婚式プロフィールムービーのオープニングの挨拶文、これはやっぱり重要な役割を持つものです。どのような文章にすればいいのか、挨拶文コメント例文を挙げてみます。

(例)私たち新郎新婦の生い立ちと思い出をどうぞご覧ください
(例)本日は私たちの結婚式にお越しいただき 本当にありがとうございます(例)皆様に感謝を込めて 2人のこれまでの歩みを紹介させていただきます

プロフィールムービーのオープニングでは、結婚式に出席してくださったゲストに対しての感謝の気持ちと、これから上映するムービーの内容について簡単に説明するような挨拶文をコメントにします。プロフィールムービー自体を知らないゲストなら、これから何が始まるのか理解できないこともあるでしょう。
そういった人にもプロフィールムービーを楽しんでもらえるよう、簡単に何が上映されるのかも説明します。

また、挨拶文よりも先にまずオープニングタイトル(題名)が表示されますが、こちらはただ「プロフィールムービー」とするのではなく、生い立ちを紹介するムービーであることが分かるタイトルをつけるようにしましょう。
日本語で「二人の生い立ち」や「○○と○○の生い立ち」でも良いですが、ポップな英語で「Happy Wedding」や「Our History」などでも素敵です。

挨拶文、タイトル共にプロフィールムービーの目的を理解し、ムービーの雰囲気に合わせたふさわしいものにしましょう。

2.プロフィールムービーのオープニングの役割とは

プロフィールムービーの流れは、新郎の生い立ちから新婦の生い立ち、そして新郎新婦2人の出会いから結婚までを紹介するのが一般的です。

・新郎の生い立ち・・・生年月日、誕生した当時の様子、幼少期から社会人になるまでを振り返る映像
・新婦の生い立ち・・・生年月日、誕生した当時の様子、幼少期から社会人になるまでを振り返る映像
・新郎新婦の出会いから結婚まで・・・初めての出会いやデート、プロポーズ、ケンカの思い出などの映像

プロフィールムービーの存在を知らなかった人にも分かるように、オープニングではこれらの内容が上映されることを「告知」し、披露宴に集まっていただいたゲストへの御礼をのべる「挨拶」も盛り込みます。

3.心をつかむ!プロフィールムービーのオープニング演出

オープニングでゲストの心をギュッとつかむ、そんなプロフィールムービーにしてみましょう。生い立ちのムービーに先立って、まずゲストの目を引き付けるような新郎新婦の華やかな写真を使いましょう。

最近は結婚式を行う前に、ウェディングドレスとタキシード、あるいは和装で本番さながらのメイクやヘアセットを施し写真撮影する、「前撮り」を行うカップルも増えているようです。その前撮りの華やかでオシャレな写真を使えば、目を引くし盛り上がりますよね。

BGMによる演出も効果的です。プロフィールムービーに使う楽曲は、新郎のパートで1曲、新婦のパートで1曲、そして2人のパートで1曲の合計3曲が一般的です。それぞれ好きな曲を選ぶのがおすすめですが、最初の新郎のパートでは明るくテンポの良い曲が適しているでしょう。メリハリを持たせるために、最後の2人のパートでは落ち着いた雰囲気のテンポもゆっくりした曲で締めると、感動的なプロフィールムービーに仕上げることができます。

また、ムービーの途中でカウントダウン映像などを入れ、そのタイミングでお色直しから再登場すれば、ゲストは盛り上がること間違いなしでしょう。

4.まとめ

プロフィールムービーのオープニングは、何が始まるのか分かりやすく簡潔に説明すること、そしてこれから上映されるムービーへの期待を持ってもらえるような、華やかな演出も必要でしょう。

挨拶文はプロフィールムービーが始まること、それにゲストへの感謝の気持ちを一言二言で紹介する内容にします。本編はこれからなので長くならないように、でも分かりやすくを心がけ、素敵なプロフィールムービーをつくってみてください。