結婚式ムービーのコメントを考えるポイント

Pocket
LINEで送る

句読点

「お祝いごとには終止符を打たない」
という意味で、「、」「。」などの句読点を使わないのがマナーです。
「、」を使いたいところは、スペースで字間を1マス空けます。
コメントが長い場合は半角スペースにするのがオススメです

忌み言葉

結婚式では、「忌み言葉」を避けるようにしましょう。
例えば、「たびたび」「ふたたび」「再び」「重ねて」
などの重ね言葉や、
「別れる」「分かれる」「切る」「返す」「去る」「終わる」
などの別れや再婚を連想させるような「忌み言葉」を避けるのが
マナーとされています。
「ご多忙の中」という言葉がありますが、
「忙」という漢字は「心を亡くす」という成り立ちのため、
結婚式の場にはふさわしくありません。
「おいそがしいところ」「ご多用中のところ」
などに言い換えるのが、一般的です。
「忘れる」も「忘」に「亡」が含まれているため、
「わすれる」とひらがなにしましょう。
「返す」は「かえす」とするなど、ひらがなにしておけば安心です。

コメントは簡潔に

人が1秒間で読めるのは4文字までとされています。
映画やテレビの字幕も、これを基本に作成されているのです。
ムービーでも、画面の表示時間を考えて、
コメントが長くなり過ぎないように作成してください。
1つの写真に1行20字くらいを目安に、
伝えたい想いを簡潔に表しましょう。

カテゴリー:未分類