プロフィールムービー、コメントなしでもポイント押さえて素敵に作ろう

Pocket
LINEで送る

人生に一度の大舞台、結婚式。新郎新婦はもちろん、親族、ゲストの皆さんもみんな笑顔になる素敵な一日ですよね!最近では結婚式で流すムービーも、自分たちで作るという新郎新婦さんも増えています。特に自分たちがどのように出会い、結婚に至ったのかを説明するプロフィールムービーは自分たちで作るからこそ、よりゲストの皆さんに伝わるものができるのではないでしょうか。

とはいえ、難しいのはプロフィールムービーのコメントです!写真はある程度選ぶことはできても、そこにメッセージを添えるとなるとかなり悩んでしまいますよね。そこで今回は結婚式プロフィールムービーを作るときにコメントはなしでも大丈夫なのか、コメントを抑えて素敵なプロフィールムービーを作るポイントをご紹介していきたいと思います!

1.結婚式プロフィールムービーのコメントはなしでもOK?

結婚式で流すプロフィールムービーでは、⓵来てくださったゲストの皆さんに感謝の気持ちを伝える、②新郎新婦や、二人のなれそめを紹介する、③そして最後にこれからの宴も楽しんでくださいねと伝えるという主な流れがあります。多くのプロフィールムービーでは、⓵②③すべての場面でコメントをしっかりと入れるのが主流にはなっていますが、コメントがなかなか思い浮かばなければムービーづくり自体が苦痛になってしまいますよね。

そこで、結論から言うと、結婚式のプロフィールムービーのコメントに関しては、最低限⓵のゲストの皆さんに感謝のコメントと、③のこれからの宴への導入コメントを入れることができれば、十分素敵なプロフィールムービーを作ることができますよ!

2.コメントがなしでも素敵なプロフィールムービーを作るコツ

では、極力コメントを抑えてプロフィールムービーを作成する場合、どのように作れば素敵でゲストに伝わるプロフィールムービーになるのでしょうか?

1.BGMを工夫する

プロフィールムービーで重要なポイントの一つに、BGMがあります。BGMに歌詞がついていて、メッセージ性が強いものに関しては、むしろ下手にコメントを入れるよりも、その歌詞に寄り添うような写真や、動画を取り入れたほうがおしゃれで洗練されて見えることも多いのです。実際、そのプロフィールムービーでどのようなことを伝えたいのかをしっかりと考えたうえで、ぴったり合うようなBGMがあるならば、ぜひ取り入れることができればいいですね!

2.写真のセレクトにこだわる

プロフィールムービーで、新郎新婦のなれそめのコメントなどを選ぶのが難しい場合は、写真を上手に活用するようにしましょう!特に説明がなくても状況が分かりやすい写真を選び、できるだけ多くの写真をタイミングよく見せることで相手にコメントがなくても情報が伝わるようにすることができます。

3.アニメーションなど視覚効果を使う

コメントを入れることができなかったとしても、動画作成に自信があるという方は、アニメーションを入れてみたり、写真自体に動きを持たせたりすることで相手に伝わるムービーを作ることができますよ!

上で3つのコツをご紹介しましたが、ここで一番重要なことは「何をこのプロフィールムービーで伝えたいか」ということをしっかりと作る側が構成を練ることです。「親への感謝をメインにしたい」というなら、親御さんと一緒に写っている写真を主にセレクトしたり、来てくれたゲストに感謝を伝えたい!という気持ちがあるなら、BGMや写真もその構成に沿ってセレクトをすると一貫性を持たせることができるでしょう。

3.最初と最後のコメントはこれで決まり!おすすめコメントをご紹介

プロフィールムービーの最初と最後は、来てくださったゲストへの感謝の気持ちを伝え、これからの宴も変わらずに楽しんでくださいという挨拶を入れるという流れが主です。

プロフィールムービーは通常、新郎新婦のお色直しのタイミングで流れます。ちょうど披露宴の中間で流れるため、ゲストの皆さんは食事をとっていたり、おしゃべりに集中したりしていて、ムービーが始まってもなかなか集中してもらえない可能性もあります。

しかし、そういった場合でもプロフィールムービーの最初にゲストに対するお礼コメントをしっかりと入れることでゲストの心をぐっとつかむことができるんです!また、プロフィールムービーが終わった後はすぐにお色直しの終わった新郎新婦の登場が控えています。そこにゲストの気持ちを向けるために、終わりにもメッセージを入れたほうが、そのあとの披露宴が盛り上がること間違いなしです!
では具体的にどのようなコメントをいれるといいのでしょうか。おすすめコメントをご紹介していきます!

1.始まりのコメント

本日は私たちの結婚式に来てくださりありがとうございます
皆様への感謝を込めて
今日という日を迎えられたのは皆様のおかげです 感謝の気持ちを込めて二人のなれそめをご紹介いたします

2.終わりのコメント

たくさんの方に支えられて 今日という日を迎えることができました 本当にありがとうございます
今日をむかえられて 感謝の気持ちでいっぱいです
この後も 引き続きお楽しみください
食べて飲んで宴を楽しんでください

4.まとめ

大事な一日だからこそ、楽しく準備も進めたいもの。形にとらわれず自分たちらしいスタイルで来てくださった人たちに感謝の気持ちを伝えていけたらいいですね!ぜひ、皆さんにとって素晴らしい一日になりますように!